輸入壁紙クロス 輸入生地ファブリック わ ショッピングサイト/インテリア/リフォーム

TOP > わ について

わ LIV ideas インテリア、リフォームなどのふライフスタイルのご提案ご紹介

『わ』のライフスタイルを楽しむための、ちょっと素敵なアイデアをご紹介。

輸入壁紙・クロス ファブリック、ステンドグラスなどブランドのご紹介

『わ』が取扱う(輸入壁紙・クロス、ファブリック、ステンドグラス)ブランドのご紹介。

輸入壁紙・クロス、ファブリックなど法人の方、業者様はこちらをご覧ください

法人のお客様・業者様はこちらをご覧下さい。 ネットショップ以外でのご注文等もこちらをご覧くだ さい。

東京・表参道にある輸入壁紙『わ』サンプル

壁紙のカットサンプルについてはこちらをご覧ください。

東京・表参道にある輸入壁紙『わ』自動計算シミュレーター

必要な壁紙本数を自動計算。ご購入前のご参考にお使いいただけます!
>>壁紙ロール本数についての説明はこちら

輸入壁紙・クロス 輸入ファブリック インテリア/リフォーム 有限会社 わ 輸入壁紙・クロス ファブリック、わのホームページ
  • 輸入壁紙・クロス わ 個人情報保護方針
  • 輸入壁紙・クロス わ 特定商取引に基づく表記

About Wa わ について

私たちの会社『わ』は、その名の由来を 日本語の「輪」と「和」、英語の Wall Art、Window Art の頭文字にちなんでいます。私たちは、みなさまのもとへ世界中からセレクトした美しく洗練された壁紙、ファブリックをお届けしたいと思っております。

みなさまとの「輪」、「和」を大切にし、生活をとりまくさまざまな『わ』をご実感いただけるような、心地のよい空間のコーディネートをご提案いたします。

会社概要

会社名
有限会社 わ
住所
〒107-0062 東京都港区南青山 3 - 15 - 17  パーチ南青山
電話番号
03-6912-0440
FAX番号
03-3746-4151
E-mail
wa@wallart.co.jp
ホームページ
www.wallart.co.jp
代表取締役
白濱 富美子 (しらはま ふみこ)
事業内容
壁紙・ファブリック・インテリア内装材の貿易業務及び企画、販売
2006年 国土交通省認定
防火壁装材料 及び ホルムアルデヒドF4☆等級取得
2006年 日本壁装協会会員

アクセスマップ

個人情報保護方針について

「わ」は、次に掲げた事項にそって、お客さまの個人情報を万全を尽くして保護し、継続的にこの方針を見直し、改善していくことをここに宣言いたします。

2010年9月1日
有限会社 わ
代表取締役 白濱 富美子

1.情報の収集

「わ」では、お客さまとのお取引を安全かつ確実にすすめ、より良いサービスを提供させていただくため、 お客さまに関する必要な情報を収集させて頂いております。

2.収集する情報の種類

「わ」では、サービス提供に必要な情報として、お客さまの氏名・性別・住所・電話番号などを収集させていただいております。 また、そのほか、サービスに関連し、必要な情報のご提出をお願いする場合があります。

3.情報の利用

収集した情報は、サービス提供や手続きのほか、サービス料の収受、コンテンツ制作、ダイレクトメールによる情報提供、その他業務上必要な範囲で利用させて頂いております。

4. 情報の提供

以下の場合を除き、取得した情報を第三者に提供することはありません。

  • お客さまに各種サービスを提供するにあたって、協力会社への提供が必要であると考えられる場合
  • 法令により必要と判断される場合
  • お客さままたは公共の利益のために必要であると考えられる場合

5. 情報の保護と管理

お客さまに関する情報は、正確かつ最新の内容を保つよう常に適切な管理をしております。 また、お客さまの個人情報への不当なアクセスが行なわれることを防止するよう努めております。 さらに、従業員、および取引業者に対して必要かつ適切な監督を行っています。

収集した情報を利用する際には、必要に応じて、法務の専門家から指導を受けるなど、十分な注意の上で取り扱います。 メールや書面にて連絡を行う際には、誤って第三者に送ることがないよう、送信前に十分な確認をとることを徹底します。 データベースに保存されたデータが、第三者の不正なアクセスによって流出しないよう、ログインID、パスワードの管理を徹底します。 書類として保存されたデータは、鍵をかけた場所での管理を徹底します。

スタッフ各員のコンピュータには、定期的にウイルススキャンやファイアーウォールのアップデートを行うことを徹底します。 情報流出の事実が見つかった場合や、セキュリティ性の問題が指摘された場合には、速やかな原因追及・対策を行うと共に、法的な対応(訴訟・補償など)を行います。 以上の条項を主として、私たちは自らの情報セキュリティを定期的に検証し、日々改良に努めます。

6. 情報の開示・訂正

お客さまからご自身に関する情報の開示・訂正の依頼があった場合は、請求者がご本人であることを確認させていただいたうえで、特別の理由がない限り回答・訂正いたします。